ゴルフレッスン

ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。
残り20ヤードをカップの1m以内に寄せればパーは確実だ。

そんな状況であなたはどんな方法で寄せワンを狙うだろうか・・・。

多くのゴルファーはこんな時、サンドウェッジやアプローチウェッジを使ってチップショットやピッチショットをすることだろう。

しかし、その結果はいかがだろうか?

「ザックリ」・・・ボールの手前を叩いてしまい、ボールは思ったよりも飛ばない。
「トップ」・・・カツンとボールの頭を叩いてしまって、グリーンを超えてしまう。

こんなミスに出くわすことが初心者の方には多いはずだ。

そこで、このページでは寄せワンを簡単に決める方法をご紹介してしまおうと思う。少し慣れれば最も簡単な寄せ方だ。

超簡単にボールをカップに寄せる方法

さて、普段グリーン周りのアプローチといえば「サンドウェッジ」や「アプローチウェッジ」などを決めつけている人がいるが、それはものすごくもったいないことだ。

どうしてもプロの試合などを見ていると、フワッとボールを上げてそれからコロコロとカップに寄っていく場面が目に焼き付いてしまう。

しかし、プロは決して毎回そんなアプローチをしているわけではない。
もっと、地味で見ていてつまらないアプローチを視聴者にはわからない所でやっているのだ。

その方法が「ショートアイアンのパター打ち」だ。

ショートアイアンのパター打ちを覚えるとメチャクチャ寄る!

「ショートアイアンのパター打ち」とはまさに言葉通りの打ち方だ。

9アイアンかピッチングウェッジをパターのようなグリップ、ストロークで打つ方法だ。

ボールを上げようとか、スピンをかけようとか・・・そんなことは一切考えなくていい。
ただ、パターのようにボールをヒットするだけだ。

手順はこんな感じだ。

①スタンスは開き、右足の小指前あたりにボールを置く。
②目線はボールの真上。パターと同じだ。
③ショートアイアンをパターの長さでグリップする。
④ライを無視する。つまり、ラフだろうがフェアウェイだろうが関係ないとイメージしなおす。
⑤打つ場所がグリー上だと思って、パターで打つ時の距離感を素振りで確認する。
⑥パターのストロークでボールをヒットする。

ピッチングウェッジや9アイアンであれば、よほどラフに深く入っていない限り、ボールは勝手に浮くことになる。そして、飛距離に関しては9アイアンをパターのように打った時、だいたいパターと同じ飛距離になることを利用するのだ。

最初は、違和感を感じるかもしれないが、慣れてしまえばこれほど確実な寄せ方はないだろう。

またウェッジに比べるとロフトが立っているため、ざっくりやトップも大幅に防げるようになる。まさにいいことずくめなのだ。

ぜひ、次のラウンドでチャレンジしてほしい。

しかし、アプローチだけが改善されてもゴルフは上達しない。
やはり最後はパッティングだ。

グリーンの読み方、入れるストローク、目線、ボールの位置・・・など、実はショットと同様パッティングの技術も実に奥が深い。

ドライバーやアイアンの練習はするけどパッティングは適当・・・そういうゴルファーがほとんどだ。
しかし、もしあなたがパッティングを練習したとしたら・・・。

大きくライバルに差をつけることは間違いないだろう。

そんなあなたにオススメなのが森本光洋プロの【パット名人養成講座】だ。

パットの真髄がぎゅっと詰まった最高の教科書だ。
プロレベルのゴルフをしたいと望んでいる、このブログ読者の方には必須の教科書だろう。

アプローチザックリトップ

アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

アイアンスイング

「アイアンのスイングがわからない。」

こんな悩みを持つ方は「ダフる」「トップする」「シャンクする」「番手通りの飛距離が出ない」・・・ラウンド中、こんなミスに苛立ちを感じているのではないでしょうか。

アイアンのスイングと言えば、「ダウンブローに打て。」

誰しも一度は聞いたことがあるレッスンです。しかし、たったこれだけのアドバイスでアイアンが上達できたらゴルファー全員がシングルプレーヤーです。

そんな一言でダウンブローにアイアンが打てるようになるのであれば誰も苦労はしません。

しかし実は、アイアンのスイングの完成系は実はいたってシンプル。あれこれ難しい動きをする必要はありません。これからお話する「アイアンスイング3つのお約束」をまず頭に入れ練習することで、理想的なアイアンスイングができるようになるでしょう。

このページを最後まで読めば、正しいアイアンスイングを手に入れるための「3つのお約束」を覚えることができます。
続きを読む

ヘッドスピードを上げる方法「簡単!効果的!」

ヘッドスピードを上げる方法

「ヘッドスピードの速いゴルファー、ヘッドスピードの遅いゴルファー。」
あなたはどちらが有利だと思いますか?

答えは当たり前ですが、「ヘッドスピードの速いゴルファー。」です。

でも、その理由は「ドライバーの飛距離が出るから、セカンドショットが短くて済む。」だけではありません。

このページを読み終えれば、なぜヘッドスピードが速いと有利なのか、またどうしたらヘッドスピードを上げることができるのかがわかります。
続きを読む

ゴルフ100切りを最速で実現する5つのレッスン

ゴルフ100切り

ゴルフで100が切れずにお悩みのあなたへ!
無駄なく最速で100を切れる方法をご紹介してしまいます。

100切り最速5つのレッスン

では、さっそく100切りを最速で実現するレッスンを開始します。まずこの100切り法は以下の5つのステップに分けられています。

1、サンドウェッジで遊ぶ
2、正しいスイングを知る
3、コースマネジメント
4、コースでの振る舞い方
5、OB撲滅の法則

1の「サンドウェッジで遊ぶ」2の「正しいスイングを知る」については、練習場や自宅で行うレッスンです。

3の「コースマネジメント」、4の「コースでの振る舞い方」、5の「OB撲滅の法則」についてはゴルフコースでの実際にラウンドする際のレッスンです。

では、各レッスンを詳しく解説して参ります。

続きを読む

「100切り」ゴルフの秘密を知らないあなたへ

100切りの秘密

100切りが目標という未来のシングルプレーヤーへ

ゴルフ初心者に大きく立ちふさがる「100の壁」。
ゴルフをはじめて最初に目標にするのがいわゆる「100切り」。

しかし、ゴルフ初心者だけでなく数年以上ゴルフをやっているのに未だに100を切ったことがないという人も少なくないですよね。

「あと2打で!あと1打で!100が切れるのにどうしてあんなミスをしてしまったんだ!」

こんなプレー後の後悔を毎回しているあなたへ、なぜ100が切れないのか、またどうすれば100が切れるのか、上級者があまり言いたがらない「ゴルフの秘密」を教えてしまいましょう。

続きを読む

「80の壁」80台と70台のゴルフの違い 

ゴルフ80の壁

この記事をご覧の方は、既に80台で回れる実力のある方。あるいはベストスコアが80台前半の方ではないでしょうか。

残念ながらこの記事は、90を切ったことがない方にはあまり役に立つ内容ではないことをはじめにご了承ください。

80の壁

「80の壁」つまり、惜しいところで70台のスコアを出せない状態のことです。それを80の壁と言うわけですが、その壁の原因を考える時、多くの人たちがこう考えます。

1、パターがもうちょっと入ってくれれば。
2、アプローチの練習が必要だな。
3、100ヤード以内のショットの精度を上げなきゃ。
4、あのホールのティーショットのOBさえなければ。
5、飛距離がもう少し伸びれば。

多くの80を切れないゴルファーはラウンドが終わったところで、このような「部分的な反省」をしています。

続きを読む

ドライバーの打ち方~グリップはすくうように握れ~

ドライバーの打ち方その1

「曲がってばかりでドライバーショットが怖くて仕方ない。」
「飛距離が出ず、いつもライバルに負けてて悔しい。」
こんな症状を抱えていませんか?

ドライバーが気持ち良く真っ直ぐに打てるようになったらどれだけゴルフが楽しくなることでしょう。

このページから数回にわけて「ドライバーの打ち方」をご紹介していきます。

「ドライバーの打ち方」ワンポイントアドバイス形式

「ドライバーの打ち方」と一口に言っても、その中には様々な要素が含まれています。とても1ページですべてをお伝えすることなどできません。

また、人によってスイングの悪い部分は違います。そのため、頭ごなしの一方通行のアドバイスをしたところで、あなたにはまったく役に立たない情報になってしまうことでしょう。

そこで、このドライバーの打ち方についてはワンポイントアドバイス形式にさせていただきます。

あなたがこれだと思うアドバイスだけを取り入れて練習やラウンドをするようにしてください。

続きを読む

ゴルフが上手くなるには。

ゴルフが上手くなるには

ゴルフは追求すれば追求するほど、ゴールが見えなくなるスポーツです。
上手くなればなるほど、さらに上手くなりたくなるものです。

ゴルフが上手くなる方法は、レベルによってその方法は変わってきますが、ここでは初心者の方へ向けたゴルフが上手くなる方法をご紹介します。

ゴルフが上手くなるには?

正直言うと、この「ゴルフが上手くなるには?」というテーマは究極です。なぜなら、一言では表せないほど非常に広い範囲を説明する必要があるからです。

続きを読む