ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。
残り20ヤードをカップの1m以内に寄せればパーは確実だ。

そんな状況であなたはどんな方法で寄せワンを狙うだろうか・・・。

多くのゴルファーはこんな時、サンドウェッジやアプローチウェッジを使ってチップショットやピッチショットをすることだろう。

しかし、その結果はいかがだろうか?

「ザックリ」・・・ボールの手前を叩いてしまい、ボールは思ったよりも飛ばない。
「トップ」・・・カツンとボールの頭を叩いてしまって、グリーンを超えてしまう。

こんなミスに出くわすことが初心者の方には多いはずだ。

そこで、このページでは寄せワンを簡単に決める方法をご紹介してしまおうと思う。少し慣れれば最も簡単な寄せ方だ。

超簡単にボールをカップに寄せる方法

さて、普段グリーン周りのアプローチといえば「サンドウェッジ」や「アプローチウェッジ」などを決めつけている人がいるが、それはものすごくもったいないことだ。

どうしてもプロの試合などを見ていると、フワッとボールを上げてそれからコロコロとカップに寄っていく場面が目に焼き付いてしまう。

しかし、プロは決して毎回そんなアプローチをしているわけではない。
もっと、地味で見ていてつまらないアプローチを視聴者にはわからない所でやっているのだ。

その方法が「ショートアイアンのパター打ち」だ。

ショートアイアンのパター打ちを覚えるとメチャクチャ寄る!

「ショートアイアンのパター打ち」とはまさに言葉通りの打ち方だ。

9アイアンかピッチングウェッジをパターのようなグリップ、ストロークで打つ方法だ。

ボールを上げようとか、スピンをかけようとか・・・そんなことは一切考えなくていい。
ただ、パターのようにボールをヒットするだけだ。

手順はこんな感じだ。

①スタンスは開き、右足の小指前あたりにボールを置く。
②目線はボールの真上。パターと同じだ。
③ショートアイアンをパターの長さでグリップする。
④ライを無視する。つまり、ラフだろうがフェアウェイだろうが関係ないとイメージしなおす。
⑤打つ場所がグリー上だと思って、パターで打つ時の距離感を素振りで確認する。
⑥パターのストロークでボールをヒットする。

ピッチングウェッジや9アイアンであれば、よほどラフに深く入っていない限り、ボールは勝手に浮くことになる。そして、飛距離に関しては9アイアンをパターのように打った時、だいたいパターと同じ飛距離になることを利用するのだ。

最初は、違和感を感じるかもしれないが、慣れてしまえばこれほど確実な寄せ方はないだろう。

またウェッジに比べるとロフトが立っているため、ざっくりやトップも大幅に防げるようになる。まさにいいことずくめなのだ。

ぜひ、次のラウンドでチャレンジしてほしい。

しかし、アプローチだけが改善されてもゴルフは上達しない。
やはり最後はパッティングだ。

グリーンの読み方、入れるストローク、目線、ボールの位置・・・など、実はショットと同様パッティングの技術も実に奥が深い。

ドライバーやアイアンの練習はするけどパッティングは適当・・・そういうゴルファーがほとんどだ。
しかし、もしあなたがパッティングを練習したとしたら・・・。

大きくライバルに差をつけることは間違いないだろう。

そんなあなたにオススメなのが森本光洋プロの【パット名人養成講座】だ。

パットの真髄がぎゅっと詰まった最高の教科書だ。
プロレベルのゴルフをしたいと望んでいる、このブログ読者の方には必須の教科書だろう。

アプローチザックリトップ

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*