アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

スポンサードリンク

「アイアンのスイングがわからない。」

こんな悩みを持つ方は「ダフる」「トップする」「シャンクする」「番手通りの飛距離が出ない」・・・ラウンド中、こんなミスに苛立ちを感じているのではないでしょうか。

アイアンのスイングと言えば、「ダウンブローに打て。」

誰しも一度は聞いたことがあるレッスンです。しかし、たったこれだけのアドバイスでアイアンが上達できたらゴルファー全員がシングルプレーヤーです。

そんな一言でダウンブローにアイアンが打てるようになるのであれば誰も苦労はしません。

しかし実は、アイアンのスイングの完成系は実はいたってシンプル。あれこれ難しい動きをする必要はありません。これからお話する「アイアンスイング3つのお約束」をまず頭に入れ練習することで、理想的なアイアンスイングができるようになるでしょう。

このページを最後まで読めば、正しいアイアンスイングを手に入れるための「3つのお約束」を覚えることができます。

アイアンのスイングはいたってシンプル




すでに80台前半くらいでラウンドできるゴルファーの方ならこう思うことでしょう。

「シンプルなスイングが理想なのは分かっている。しかし、シンプルにスイングすることが最も難しいのだ。」

さすがです、その通りです。

世界で活躍するプロゴルファーのスイングを見ていると、無駄がなく流れるようなスイングしています。しかし一方、多くのアマチュアの方のスイングはどこか力が入っているように見えたり、その結果フィニッシュでふらついたり・・・・、個性豊かなスイングが多く見られます。

もちろん、多くのアマチュアの方もカッコよくフィニッシュを取りたいでしょうし、流れるようなスイングに憧れているはずです。しかし、なかなか簡単にはそのシンプルなスイングを身につけられないのです。

では、なぜなかなかシンプルなスイングを手にいれることができないのか・・・。

それは、間違ったスイングを何回も無意識の中、打ち続けているからなのです。正しいスイングも間違ったスイングも何百回、何千回と打っていれば体にクセがついてしまうのです。

自分では少しづつスイングを修正しているつもりでも、その修正の仕方が間違っていれば当然また悪いスイングを体に染み込ませるだけです。まずは正しいアイアンのスイングを学ぶ時間を取りましょう。

では、その正しいシンプルなアイアンスイングを以下でご説明していきます。しかし、一口に「シンプルなアイアンスイング」と言っても、人によって修正する部分が違いますし、「グリップ」「スタンス」「肩の向き」「体重移動」「テークバック」「ボールの位置」「頭の位置」・・・・、などなどゴルフスイングには無数のコツが存在します。

これらを全部、このページでご紹介したところで、流れるようなスイングをすることは絶対に不可能でしょう。あれこれ考えてガチガチのスイングになり、かえって悪いスイングになってしまいます。

そこで、アイアンスイングで最も大切で誰でも実践できる・・・「3つのお約束」についてここでは説明させていただきます。この3つのお約束を守ることでアイアンスイングに自信が持てるようになるでしょう。

アイアンスイングの3つのお約束

それでは、アイアンのスイングで大切な「3つのお約束」をご紹介していきます。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*