ゴルフのアドレス「目標方向にまっすぐフェースを合わせる方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
フェースの向きの合わせ方

ゴルフを長年やっている人でも、以外に目標方向にまっすぐ構える方法を知らない人が多い。

このページでは、目標方向にまっすぐアドレスすることができる簡単な方法をご紹介します。

飛球線と垂直にクラブフェースを合わせる方法

ほとんどのゴルファーはアドレスに入る前にボールの後方に立ち、ボールを打ち出したい方向を決めていると思います。

その目標はバンカーであったり、背の高い木であったり、グリーンの旗だったりするはずです。

ここまでは誰でもやっている目標の定め方です。

次に、ある程度ゴルフ経験を積んだ人であれば、その目標からボールまでイメージの中で直線を引き、その直線上にあるボールの先10cm~20cmのところに落ち葉や小さな枝、芝の変化などのスパットを見つけてそこにクラブフェースを合わせます。

たぶん、ほとんどのゴルファーはこの目標の取り方をしているのではないでしょうか。

しかし、実はもっと正確にフェースを目標に合わせる方法があります。

それが、以下の図です。

フェースの向きの合わせ方

点と点を結んで線を作ろう

図のように、スパットを二つ見つけそれを直線で結ぶことによって、より正確にフェースを合わせることができます。

1ヶ所の点の場合、アドレスの微妙なズレに気づきにくいのですが、点と点を結んだ線をイメージしているとクラブフェースだけでなく、足や腰、肩の向きまで修正しやすくなります。

例えばドライバーショットで、フェース面の角度が5°狂えば、250ヤード先では約21ヤード左右の狂いが生じます。

たった5°の狂いがOBを招く可能性もあるのです。

点と点を結び、練習場のマットのようなイメージでアドレスすることが大切です。

ただし、まだスイングに自信がない方の場合、まっすぐ構えたことによって逆に違和感を感じることがあります。そういうの方の場合、普段の練習の時からスクエア(飛球線と平行)の構えが出来ていない可能性があります。スクエアな構えがしっくりこないのです。

実は私自身も、以前は左肩が少し開いたアドレスがクセになっていました。もちろん自分でもそれには気づいてはいたのですが「そこそこのスコア」を出していたので、それでも良しとしていました。

しかし、スクエアなアドレスを取り入れてからはやはり安定感が違うのです。上記のように正しいアドレスをすれば大きなミスをしないようになりました。

今まで慣れ親しんだスイングを変えることは非常に違和感を感じるものですが、一度正しいスイングやアドレスを憶えると一生ものになります。

もし、あなたが少しクセのあるスイングだと自覚しているのであれば、まずはゴルフ上達に必要なスキル27項目を短期間でマスターする方法をご覧ください。

必ず、一生使えるスイングが手に入ります。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*