ゴルフ上達に必要なスキル27項目を短期間でマスターする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ゴルフの上達は球数次第だ!」と勘違いしていませんか?
「とりあえず練習場に行こう!」と無駄な出費をしていませんか?

ゴルフはもちろん「趣味」であり「遊び」で構いません。しかし、上達すればもっと楽しくなるはずです。

正しいゴルフスイングの理論を知っているようでもしっかりと基礎から学んだ人は少ないのではないでしょうか。

このページでは、ゴルフスイングの基礎を学ぶ事の大切さをお伝えしていきます。

タイガーウッズのような「本能的なプレー」をしたいのなら、基本を体に刷り込ませ無意識に出てくるようにしなければならない。

これは、タイガーウッズの父である、故・アールウッズ氏が言った言葉です。

有名な話ですが、アールウッズ氏はタイガーに幼少の頃からゴルフの基礎の部分を徹底的に教えこみ、世界的なプレーヤーに育て上げました。

そのアールウッズ氏が大切にしてきたことがこの「本能的なプレーをしたいのなら、基本を体に刷り込ませ無意識に出てくるようにしなければならない。」ということだったのです。

タイガーウッズのプレーを見ていると、パワー・美しさ・躍動感・・・、といったゴルフ理論では説明できないような異次元のスポーツをしているように見えることがあります。

そのスイングに意識的で計算されたような動きは見つからないのです。

とかく、ゴルフは理論で語られることが多いスポーツですが、タイガーウッズのスイングはまるで木から木へ飛び移る猿や大空から海中へ獲物を取りに飛び込む海鳥のように見えます。

つまり、本能的な動きに見えるのです。

猿が木から木へ飛び移る時、腕の角度や握力の強さ・風の向きや枝の太さなどをいちいち計算しているでしょうか?

海鳥は羽のたたみ方やクチバシの向き、魚の動きや波の高さ・潮の流れなどを理論だてて考えているでしょうか?

野生動物はそれらを計算しなくても、生まれながらにその機能が組み込まれた身体と運動神経が備わっているのです。

つまり、本能的にその状況に合った動きを瞬時に判断し身体を動かしているのです。そして、ほぼミスをすることなく木に飛び移り、魚を仕留めるのです。

そして、人間にもそのような本能や運動神経が備わっていることをアールウッズ氏は知っていたのです。

例えば、石につまずいた時に顔を守るため手を伸ばしたり、急に飛び出してきた子供を避けるためにハンドルを逆方向に回したり急ブレーキを踏んだりするといったことです。

しかし、ゴルフでその本能を上手く使うには訓練が必要です。なぜならゴルフはクラブやボールといった道具を使用するからです。

当然ですが、人間には「ゴルフ道具の上手な使い方」がもともと体に組み込まれているわけではありません。

いくら野性的な運動神経の持ち主でも、ゴルフクラブを初めて触る人ではボールにヒットさせることもできないでしょう。

それは、ゴルフクラブの正しい使い方が体に染み付いていないからです。せっかくの運動神経や野生の感も台無しです。

「あんなものはスポーツではない。」とゴルフを馬鹿にするスポーツマンは意外に多いのですが、運動神経だけではどうにもならないことにイラだちを感じ、プライドを傷つけてしまっているのかも知れません。

では、正しいゴルフクラブの使い方が体に刷り込まれている素晴らしい運動神経の持ち主だったらどうでしょう。

まさにそれがタイガーウッズ選手なのです。

タイガーウッズ選手は父アールウッズ氏に幼少の頃からゴルフを学び、徹底的にゴルフクラブの使い方を体に刷り込ませてきました。

ですから、目の前のボールをジャストミートさせるためにスイング理論をあれこれ考える必要なんてありません。目をつむっていてもできてしまいます。

ですから、風の向きやクラブ選択、アドレスの向きなどさえ間違えなければ、あとは本能に任せて打つだけなのです。

しかし、ここで大切なことはタイガーウッズ選手は生まれながらのゴルフの天才ではないということです。

「ゴルフの基本動作」を徹底的に体に刷り込ませた父アールウッズ氏の存在がなければ今のタイガーウッズは存在しないのです。

「運動神経だけではゴルフは上達できない 」ということを知っていたアールウッズ氏がゴルフの基本動作を徹底的に教えたのです。

そうです、ゴルフの基本動作の習得が何よりも先決なのです。

ゴルフ上達の必須スキル27項目を圧倒的な説得力と情報量で習得できるDVD5枚組「7日間シングルプログラム」の推薦

ゴルフ上達の27項目

ゴルフの基本すべてを収録したDVDが7日間シングルプログラムです。今までゴルフ上達へ遠回りしてきた人が、最短距離の地図を手にいれるようなものです。

永遠にぶれる事のないゴルフの基本を忠実に教える、「今、最も真面目なゴルフレッスンDVD」【7日間シングルプログラム】のお申し込みはこちら

子供の時からゴルフを始めないと上手くならないという妄想

しかし、ここまで読んだ方はこんな心配をしているのではないでしょうか。

「やっぱり子供の頃から訓練しないとゴルフは上手くならないのでは?」

正解であり不正解です。

吸収力のある子供の頃からゴルフに触れていればゴルフが上手くなるのは当たり前だと思うかも知れません。

そしてたしかに、全身を使った美しいスイングを習得するには子供の頃のような身体の柔軟性があった方が有利です。

また、ジュニアの大会などで経験を積むにはジュニアでなくてはいけません。大人はジュニアの大会には出れませんから。

しかし、本当に子供の頃からゴルフを始めていないとプロレベルの技術は手に入らないのでしょうか。

答えはNOです。

たしかに「体力」は年齢とともに衰えてきます。さすがに70歳を過ぎてからレギュラーツアーで戦うことを目指すのは体力的に無理があるかも知れません。

しかし、ゴルフの基本動作を学ぶための「吸収力」つまり、「教えてもらったことを素直に真似る技術」は本当に子供の方が優れているのでしょうか。

大多数の人が「子供の方が吸収力がある」と思い込んでいるだけなのです。

実は、子供の方が吸収力があると思えるのは「それ以外の方法を習っていない」もしくは、「クセがついていない」からなのです。

左手で箸を使うのも右手で箸を使うのも、初めて箸を持つ子供にとっての難易度は同じです。親が左手で持ちなさいと言えば左手で箸を使えるようになるのです。

しかし、一度右手で箸を使うようになるともう左手で箸を使うことは難しくなります。これがクセです。

子供と大人の吸収力の差とはつまり「クセがついているか、いないか」の差なのです。

「じゃあ、やっぱりクセがついたスイングを直すのは難しいんだぁ。」

いいえ、ご安心ください。

社会人になってからゴルフを始めた人のほとんどが「プロから習ったことがない」のです。

あなたもそうではありませんか?

1回や2回は練習場のレッスンを受けたという人は多いと思いますが、基本からしっかりと時間をかけてコーチを受けた人は少ないのです。

ほとんどの人が練習場でがむしゃらにクラブを振り、「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤して今のスイングを身につけているのです。

たまに、ゴルフ雑誌で見た「左一軸打法」なるものに感銘を受け、「体重移動は必要ないんだ!」などと間違った解釈をして、また練習場で自分なりの矯正をしていくのです。

つまり、大人のあなたについているゴルフスイングのクセは「自分自身が作ったスイング理論のクセ」であり「プロから習ったスイング理論のクセ」ではないのです。

この違いをしっかりと理解することで、子供のような吸収力を取り戻すことができるのです。

とは言っても、今までについてしまったゴルフスイングのクセをなかったことにするのは簡単ではないと思うことでしょう。正しいスイングを身につけたくてもいつものクセに負けてしまうと心配されていることでしょう。

実は、推薦している7日間シングルプログラムにはゴルフ上達に必須のスキル27項目の他にトッププロも実践する「一瞬で変なクセを治すリセットプログラム」が収録されています。

このリセット方法を行えば、今までのゴルフスイングの悪いクセとはすぐにお別れすることができ、正しいスイングを吸収する準備が整うのです。

7日間シングルプログラムのお申し込みはこちら

ゴルフ教室に通ったり、レッスンプロにゴルフを定期的に習うための資金の1/30の価格

ゴルフをプレーすること自体はとてもリーズナブルになってきました。一昔前まではゴルフは金持ちがする遊びだというイメージがありましたが、今では5,000円も払えば昼食付きでラウンドすることもできます。

しかし、「ゴルフを習う」ということに関してはまだまだリーズナブルとは言えません。

月に4回のレッスンで25,000円のスクール、ゴルフ練習場に常勤するレッスンプロの価格の相場は30分3,000円、ボール代や入場料は別と言ったところでしょう。

ゴルフ練習場で30分のレッスンを受けようと思ったら、レッスンプロに3,000円、ボール代に3,000円、入場料に500円、さらに飲み物代やそこまでの交通費まで考えたら、一度にかかる費用は7,000円近くになります。

ゴルフ場で一日プレーしてお釣りが来る金額です。

まして、たった30分のレッスンを一度や二度受けただけで、ゴルフがうまくなるわけがないのです。

「頭が動いてしまっていますよ~。」「アドレスの向きが違いますよ~。」とダメ出しだけで終わってしまうこともしばしばです。

また、「上手いですね~。」とか「綺麗なスイングですねぇ。」などと言ってくるレッスンプロにも要注意です。所詮、客商売なのであなたに嫌われたら商売上がったりなのです。もう一度指名してもらうにはゴルフ上達よりも好かれる方が優先なのです。

あなたの機嫌を取るための時間も含めて30分7,000円かかっているのです。

では、この7,000円を支払うレッスンを何回続ければゴルフは上達できるのでしょう。

個人差がありますが、毎日練習できる恵まれた環境の人がゴルフ初心者からスタートし、まずは80台前半で回れるまでの力をつけることを目標としてみましょう。

上達が早くこのように恵まれた環境の人でも、いわゆるシングルになるにはプロからコーチを受けても1年半から2年は最低かかると言われています。

その間、月に4回のレッスンを受けたとします。最短の1年半で達成できたとしても、7,000円×4回×18ヶ月=504,000円です。

とてもリーズナブルとは言えませんね。

しかも、ゴルフにはゴールがないので「これで卒業。」とはいきません。さらに上達したくなるのがゴルフの怖さでもあります。余裕がある人はさらに通い続けることになるでしょう。

ゴルフ教室の30分の1の価格で学べるゴルフの基本「7日間シングルプログラム」はこちらから

でもレッスンプロに教わった方が上達が早いのでは?

本気でゴルフを上達したい人はむしろDVDの方が上達が早いでしょう。

うまくいった場合の例を上げて504,000円もの費用がかかる「ゴルフレッスン」ですが、実はゴルフの基本は誰が説いてもほとんど同じなのです。

どのプロに聞いても、「アドレスは目標方向に平行に構え」「頭はインパクトで左側に流れてはいけない」のです。

このように誰が説こうが不変なことが基本なのです。

レッスンプロに多額の金額を積んだとしても、言われることはほぼ同じです。

たしかに、後ろに立ってもらいスイングチェックをしてもらえますので、その場でスイングの間違いを治してもらえるかもしれません。

しかし、言われるアドバイスやメッセージは同じです。

どうしても、スイングチェックをしたい場合はスマートフォンのアプリや動画撮影で十分です。

いいえ、実は十分どころかそれ以上の効果を期待できます。

自分でチェックした方がよっぽど正確なウィークポイントがわかり、修正しやすいのです。回りくどい言い方や、しっくりこない言葉で説明されるよりよっぽどわかりやすいのです。

騙されたと思って、一度自分のスイングを撮影してみてください。

何もスイングチェックのためだけに50万円ものお金を支払う必要はないということに気づくはずです。

重要なのは「正しいゴルフスイングを身につけること」であり「そのための練習を繰り返すこと」です。

それには何度も繰り返し見ることのできるDVDが非常に優れているのです。

そして、私が今回このようにおすすめしているゴルフレッスンDVDの7日間シングルプログラムは、「奇抜なレッスンではない」からおすすめしているのです。

非常にシンプルでなおかつゴルフスイングの基本に忠実なレッスンと、プロなら必ずやったことのある「当たり前」の練習方法を紹介していることです。

「○○打法」や「部分的でその場しのぎのレッスン」ではないことが、何よりもおすすめしている理由です。

プロゴルファーなら、「その通りだよ。」と言わざるを得ない「真面目でまともなレッスン」なのです。私に限らずプロや上級者は例外なくそういったレッスンを好むのです。

7日間シングルプログラムを何度も見ることによって、良いスイングと悪いスイングの見分けがつくようになります。

そうなれば、スマートフォンなどで撮影した動画をチェックし悪いところがあれば修正していけばいいのです。

何度も言いますが、ゴルフレッスンに50万円も費やす必要はありません。今のところ国内で最も優れていると言ってもいい、この5枚組のDVDとスマートフォンやデジカメなどがあればゴルフは間違いなく上達できます。

7日間シングルプログラムのお申し込みはこちらから

ゴルフ上達法収集マニアにならないために

世の中には、ゴルフ上達の方法を紹介した本やDVD、動画などがたくさん存在します。しかし、それらをたくさん読んだり見たりすることでゴルフが上達するわけではありません。

ノウハウばかりを集めて実際にはお金を生み出せない偽コンサルタントのようになってはいけません。

タイガーウッズ選手のように、正しいスイングをしっかり体に刷り込ませ、その状況に合わせたショットを本能的に打てるようにならなければいけません。

それには、先生は一人で十分なのです。

誰が説いても、ゴルフの基本は不変なのですから。

しかし、世の中にあるゴルフレッスン教材は、続編を買ってもらうためにレッスンを小出しにしているものがほとんどです。

7日間シングルプログラムのように、グリップの握り方のような基本の「き」からドライバーでのフルスイング、グリーン周りのアプローチやバンカーショットまでを体系的に全てを網羅しているゴルフ教材は見たことがありません。

しかも、「言葉の手抜きなし」の解説付きでです。

このDVDで有名になった小原大二郎プロですが、彼のいいところはその「言葉の手抜き」がないところなのです。

「言葉の手抜き」とは、「わざわざ言わなくてもそこは分かってるでしょ?」といった、上級者にありがちな勘違いから生まれます。

上級者はすでに「本能的な体の動き」を手に入れています。ですから、「スイング中にそんなこと考えてないよ」と簡単に言ってのけることができるのです。

「だって、歩くのに右足から先、左足はその後で・・・。なんて考えないでしょ?」といった理屈です。

以前流行った「当たり前体操」を真っ向から否定する理屈です。

しかし、ゴルフ初心者が知りたいのは実はそこなのです。

「右足を出して、左足を出すと・・・歩けるぅ♪」

「おお~、なるほどぉ!!!」なのです。

つまり、上級者が当たり前としていることが初心者には当たり前だとは限らないのです。

7日間シングルプログラムはゴルフ初心者が知りたい事を手抜きせず丁寧に解説しているので、モヤモヤしたままレッスンを進めることがなくなることでより理解が深まるのです。

7日間シングルプログラムはこちらから

もう、ゴルフにお金の無駄使いをするのはやめましょう

もうこれ以上、むやみにゴルフレッスン教材を購入したり、ゴルフクラブを頻繁に買い換えることはなくなることでしょう。このDVDだけでゴルフの上達は十分です。

年齢を重ねても続けていけるゴルフという不思議なスポーツは、人生に喜びや楽しみを与えてくれる大切な存在だとあなたも感じておられることでしょう。

しかし、ゴルフをやっていない家族から「高いお金を払ってまで、小さいボールを穴に入れることに何の意味があるの?」なんてイヤミを言われているかも知れません。

「意味は?」と問われれば、「楽しいから」であり「ゴルフが好き」だからに他ありません。

しかし、あまり自分の好きなことばかりにお金の無駄使いをしていると家計に問題が生じてしまう可能性も十分考えられます。

ゴルフ練習代、ゴルフウェア代、ゴルフクラブ代、ラウンド料金・・・。

あらためて計算すると頭が痛くなるほどのお金をゴルフに費やしていませんか?

特に問題なのが、ゴルフクラブ代です。

どうしても、ゴルフスイングの悪さをゴルフクラブのせいにしてしまう人が多いのです。たしかに、ゴルフクラブが合っていないとスイングにも影響してくるのは確かです。

しかし、「あなたのそのクラブ、買った時は自分のスイングに合っていると思って買ったんでしょ?」と言いたくなります。

しっかりお店でフィッティングまでして買ったドライバーも、新しいドライバーが発売されると「こっちの方が飛ぶんじゃないか?」「やっぱり、シャフトはもう少し軽いほうがいいかも」なんていう言い訳で購入する人が多いのです。

「もう、ゴルフショップやゴルフクラブメーカーに踊らされるのはやめましょう!」

買いたくなるように宣伝するのが彼らの仕事なんですから。

まずは、しっかりと正しいスイングを身に付けその後どうしても欲しくなったら買えばいいんです。ゴルフクラブはいつだって買えますから大丈夫です。

ゴルフが上達しない90%以上の人は「ゴルフクラブではなく、スイングに問題」があります。

これは特に統計を取ったわけではないですが、取る必要すらないということは練習場で打っている人たちを隅から観察していけばすぐにわかるはずです。

素人が見たって、ほとんどの人が「スイングに難アリ。」と気づくはずです。

高いゴルフクラブを頻繁に買うくらいなら、一度しっかりと腰を落ち着かせ「まともなレッスン」に集中してください。

家計を圧迫するゴルフクラブ代とはもうさよならできます。

「あなたはゴルフが上手ですねぇ。でもそれ、何年前のクラブですか?」

このようなかっこいいゴルファーにあなたがなるのは、DVDが届いたその日がスタートです。

7日間シングルプログラムのお申し込みはこちらから

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*