スポンサードリンク

ゴルフでミスショットをした時に立ち直るための一言

公開日: : 最終更新日:2015/04/19 ゴルフレッスン , , ,

ゴルフイライラゴルフはミスがつきものです。

・・・と頭では理解していても実際にミスショットをしてしまうと腹が立つものです。
そして、その嫌な感情を引きずり次のショットもミスショット。

ゴルファーならこんな経験はたくさんするはずです。

このページでは、ミスをした後に少しでも気持ちを落ち着けるための「一言」をご紹介します。

ミスをした時に立ち直るための一言

ゴルファーには様々な性格の人がいます。「常に穏やかな人」「怒りっぽい人」「諦めの早い人」「いじわるな人」・・・

ミスをした場合、それぞれのタイプによって自分への励ましの言葉は変わってくることでしょう。
しかし、ここではミスに腹が立ちイライラして次のショットにまで影響してしまうような「短気さん」を対象に「励ましの一言」を紹介します。

チキショー!

素直に言ってしまいましょう。

「チックショー!!!」

悔しいという思いを全開にすることで、周りの人達に気を遣わせることもなく自分のミスをすんなり受け入れることができます。変に「スイングのどの部分が良くなかった」とか、「風を読み間違えた」なんて言い訳を口にしてしまうと自分自身を責めることにもなりますし、同伴者もちょっと嫌な気分にさせてしまいます。

スポンサードリンク

素直に悔しがってスッキリし、次のショットは新たな気分で臨みましょう。

俺は悪くない!

開き直りの精神です。

「俺は最高のスイングをしたんだ!」と思い、胸を張って「俺は悪くない!」と叫びましょう。

ミスショット後のあの嫌な雰囲気をがらっと変えてしまう一言です。嫌な雰囲気が一転し笑いが起きること必至です。
ショットは悪くても、笑いが取れればまぁ良しとしましょう。

明るい気分で次のショットに集中できます。

鳥がっ!もぐらがっ!ワニがっ!

架空の障害物に八つ当たりです。

「いやぁ、もぐらが急に頭をだすから~。」
「池からワニが出てくるからびっくりしちゃって。」
「上空に鳥がいたので、わざとスライスでよけてさしあげました・・。」

なんでもいいので、ありえない言い訳で何かの責任にしてしましましょう。

まとめ

ふざけているように思われますが、実は怒りっぽい人には非常に効果的な一言をご紹介しました。
怒りっぽい人は筋が通らないことが嫌いだったり、プライドが高く「完璧主義」の真面目な人に多いのです。

そんな気高き怒りっぽい性格の人は、自分を責めすぎてしまう傾向があります。ゴルフに対して真面目すぎるので自分のミスが許せなくなってしまうのです。

自分を責めすぎると次のショットまでそのイライラは続き、さらなるミスを誘発します。
だから、自分以外のせいにしてしまうのが手っ取り早いのです。

ただし、同伴者のせいにしてはいけませんよ。他の問題が勃発しますので(^^;)

関連記事

ドライバー重量ヘッドスピード

ヘッドスピードごとにドライバーの重量を変えた方が良い本当の理由

ドライバーの打ち方をレッスンする前に重要なチェックポイントがあります。 それは、「自分に合った

記事を読む

ドライバーの打ち方右膝

ドライバーの打ち方「右膝が伸びると飛ばない理由と伸びない方法」

ドライバーの正しい打ち方で大切になってくる要素の一つ「膝」。 今回は特に「右膝(ひざ)」につい

記事を読む

練習場 コース違い

ゴルフ練習場では上手いのにコースでは結果が出ない3つの原因

ゴルフ練習場ではナイスショット連発、スイングも綺麗だねと言われているのにゴルフコースに行くとスコアが

記事を読む

ゴルフ80の壁

「80の壁」80台と70台のゴルフの違い 

この記事をご覧の方は、既に80台で回れる実力のある方。あるいはベストスコアが80台前半の方ではないで

記事を読む

ゴルフ初心者

ゴルフ初心者が最初にやるべき3つのこと

ゴルフを始めたけど・・・ 「どういう練習をしたらいいの?」 「どんなクラブを買えばいいの?」

記事を読む

ドライバーパター調子悪い良い

ドライバーが調子いい日はパターの調子が悪い!原因はこの5つ!

「不思議!?ドライバーの調子がいい日はパターの調子が狂う」 こんな経験ありませんか? 「ドラ

記事を読む

アイアン正しい打ち方

これってアイアンの正しい打ち方!?ゴルフスイングの間違え探し

アイアンの打ち方はどれが正しいの? ゴルファーはとても勉強熱心なものです。 しかし、勉強

記事を読む

冬のゴルフ準備運動

冬のゴルフ「朝一からナイスショット!」のための準備運動

冬のゴルフは寒さとの戦いです。 冬用のゴルフウェアで防寒対策をすることはもちろんのことですが、肝心

記事を読む

ダウンブロー打ち方

ダウンブローがアイアンの正しい打ち方「それって本当?」

「アイアンはダウンブローに打て!」 ゴルフ経験者ならほとんどの人がこのレッスンやアドバイス聞い

記事を読む

教え魔ゴルフ

嫌われないゴルフの教え方~「教え魔」と言われないために~

ゴルフ初心者や自分よりゴルフレベルの低い人を見ると、ついついスイングについて語りたくなりますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ザックリトップアプローチ
ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。 残り20ヤードをカップの1

アイアンスイング
アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

「アイアンのスイングがわからない。」 こんな悩みを持つ方は「ダフ

ヘッドスピードを上げる方法
ヘッドスピードを上げる方法「簡単!効果的!」

「ヘッドスピードの速いゴルファー、ヘッドスピードの遅いゴルファー。」

100を切れない理由
100を切れないゴルファーの理由が分かってしまった。

もし、あなたがゴルフで100を切れないのであれば、これからお話すること

シャフトの選び方ゴルフ
ドライバーシャフトの選び方7つのポイント

「ドライバーショットが曲がる。」「タイミングが取りずらい。」「飛距離が

→もっと見る

PAGE TOP ↑