ゴルフ練習場では上手いのにコースでは結果が出ない3つの原因    

   

公開日: 最終更新日:2015/04/19        ゴルフレッスン

ゴルフ練習場ではナイスショット連発、スイングも綺麗だねと言われているのにゴルフコースに行くとスコアがまとまらない・・・・。

もしあなたもそんな症状があるのなら、このページは必ず役立つ情報になるはずです。

では、練習場では上手いのにコースでは実力を発揮できない人の特徴とその改善方法をご紹介します。

ゴルフコースで実力を発揮できない3つの理由

練習場ではナイスショットを打ててもコースでは結果がついてこない方の原因は以下の3つが考えられます。

  1. アドレスを正しく取れていない。
  2. ミスを想定していない。
  3. 練習場とは違うスイングをしている。

番号をふっていますが、特に順番に意味はありません。一つでも欠けていてはならない要素です。
順番に解説していきます。

アドレスを正しく取れていない。

ゴルフ練習場上手いコースだめ
正しいアドレスの作り方をここで解説はいたしませんが、練習場では正しいアドレスができているという前提でお話させていただきます。
練習場の打席は、ストレートな構えができるような目印がたくさんあります。
マットとマットの境目、マットの縁、配球マシン、飛球線延長上の白い線などです。

つま先もカカトもクラブフェースもまっすぐアドレスすることは誰でもできる環境です。
肩の向き以外は意識せずにまっすぐスクエアに構えることができます。

しかし、当たり前ですがゴルフコースではそんな目印は存在しません。
練習場では上手くいくのにコースで結果を残せない人は、この当たり前の事に対する意識が薄いのです。

ほとんどの人はこのことに気づいているにも関わらず、適当なアドレスをしてしまっているのです。
後ろから見て、笑ってしまうほど右や左を向いていたりします。

そこでヒントです。下手くそで申し訳ないのですが下の図を見てください。
遠近感の罠

これが、遠近感の罠です。
自分の足とボールまでの距離はクラブによって違いますが、ここでは約70cmとしておきます。自分の足から目標までの延長線と、ボールと目標までの延長線は平行になっているので本来交わることはありません。自分の身体の向きがあっていて、完璧なストレートな球を完璧な距離感で打てた場合、ボールの位置はカップ右側70cmのはずです。ほぼバーディ確実です。

しかし、ゴルフスイングはアドレスの際に上半身を傾けますので、その状態から目標を見ると少し左側に感じ、左に引っ掛けるような球筋を打たないといけないようなイメージを持ってしまいます。

そこで狂いが生じてくるのです。
スタンスをオープンにしてみたり、引っ掛け球が頻発するようになりそれを防ぐためにあらかじめ右を向いてアドレスをしたりなどです。

ミスを想定していない。

世界のトッププロでも、バンカーに入れたりラフの奥深くに打ち込んでしまったりするのがゴルフという不思議なスポーツです。
ところが、ある程度上手くなってくるとOBや池ぽちゃ、ダフリやトップなどをする自分が許せなくなくことがあります。

ミスショットの苛立ちが次のミスショットを生み、さらに苛立ちが増してくる状態です。

ゴルフはミスを減らし、ミスをカバーするスポーツだと言われることがあります。
ミスがあることが大前提で、そもそもミスをさせるために設計してあるのがゴルフコースです。

そのミスをしっかり想定し、コースマネジメントをしっかりするか、ミスショット後のリカバリーを落ち着いて考え冷静にショットすることが大切です。

練習場とは違うスイングをしている。

せっかく、練習場では綺麗なスイングをしているなぁと思う人でも、ゴルフコースのティグラウンドに立つと「なんだ、その腰が引けたスイングは!」というような方がいます。練習場では素晴らしい球を打つのに、シャンクしたり、引っ掛けたり、大スライスしたりと結果はひどいものです。

「なんでいつも通りスイングしないの?」と聞くと、「いやぁ、右側の池が気になっちゃって・・・。」と言いつつ、池に入ってしまっているのです。

確かに、ゴルフは「力んではいけない」とか「ゆったりとしたリズムでスイング」などど抽象的なレッスンやアドバイスをする人がいます。もちろん、その理論が間違っているわけではありませんが、練習場でそんな事を意識していない人がコースに出て突然思い出したかのように「やったことのないゴルフスイング」をしてしまうのです。

  • 【重要】ゴルフスイングは力加減を調整すれば上手くいくものではありません。
  • 【重要】遠慮してスイングすれば、まっすぐ飛ぶなんていう保証はまったくありません。

練習場で上手く打てているのであれば、自分を信じていつもどおり気持ちよくスイングすることを強くおすすめします。

練習場だけでなく、コースでも結果を出す方法まとめ

①つま先またはカカトの延長線が目標であることを再確認せよ!
②ゴルフのミスは当たり前。リカバリーショットに集中せよ!
③ゴルフコースを恐れず、普段通りのスイングを心がけよ!

ゴルフを仕事にしたい!趣味として極めたい!という方で、もしまだ基本をしっかり学んだことのない方はこのレッスンは必須です。ゴルフの才能がある方に特におすすめしたいレッスンです。

       

関連記事

ゴルフ80の壁

「80の壁」80台と70台のゴルフの違い 

この記事をご覧の方は、既に80台で回れる実力のある方。あるいはベストスコアが80台前半の方ではないで

記事を読む

ドライバーの打ち方#0

ドライバーの打ち方チェックシート「メニュー」

今では、ティーショットは必ずしもドライバーで打つ必要はないということがアマチュアの間でも広がり、3ウ

記事を読む

ダウンブロー打ち方

ダウンブローがアイアンの正しい打ち方「それって本当?」

「アイアンはダウンブローに打て!」 ゴルフ経験者ならほとんどの人がこのレッスンやアドバイス聞い

記事を読む

ゴルフが上手くなるには

ゴルフが上手くなるには。

ゴルフは追求すれば追求するほど、ゴールが見えなくなるスポーツです。 上手くなればなるほど、さらに上

記事を読む

ゴルフイライラ

ゴルフでミスショットをした時に立ち直るための一言

ゴルフはミスがつきものです。 ・・・と頭では理解していても実際にミスショットをしてしまうと腹が

記事を読む

アイアン正しい打ち方

これってアイアンの正しい打ち方!?ゴルフスイングの間違え探し

アイアンの打ち方はどれが正しいの? ゴルファーはとても勉強熱心なものです。 しかし、勉強

記事を読む

フィニッシュ

フィニッシュがかっこよく決まる3つの条件。:ゴルフスイング

あなたはフィニッシュがビシッと決まっていますか? 皆さんはフィニッシュに対してどのような意識を

記事を読む

ドライバー「スライスを治す3つの方法」は本当か!?

ドライバーショットのスライスを治す方法3つをまとめてみました。 巷で言われている「スライスの治し方

記事を読む

ドライバーの打ち方その1

ドライバーの打ち方~グリップはすくうように握れ~

「曲がってばかりでドライバーショットが怖くて仕方ない。」 「飛距離が出ず、いつもライバルに負けてて

記事を読む

スライスの原因

スライスの原因はコレ!

スライスの原因は盛りだくさん! スライスを愛しく思うのだ。[/caption] スライスを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アイアンダウンブローは間違い
アイアンをダウンブローに打とうとするからシャンクする!ダフる!OBする!

もはや、ゴルファーの合言葉「アイアンはダウンブローに打て!」ですが、そ

ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。 残り20ヤードをカップの1

アイアンスイング
アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

「アイアンのスイングがわからない。」 こんな悩みを持つ方は「ダフ

ヘッドスピードを上げる方法
ヘッドスピードを上げる方法「簡単!効果的!」

「ヘッドスピードの速いゴルファー、ヘッドスピードの遅いゴルファー。」

100を切れない理由
100を切れないゴルファーの理由が分かってしまった。

もし、あなたがゴルフで100を切れないのであれば、これからお話すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑