スポンサードリンク

「背筋を鍛える3つの方法」で飛距離アップ。~簡単筋力アップ!~

公開日: : 最終更新日:2015/04/19 ゴルフレッスン ,

背筋鍛え方0
「ゴルフは飛距離じゃない!」
と言ってもやはり、同伴プレーヤーにドライバーの飛距離が負けると少々悔しいものですよね。

また飛距離が出るということは、ヘッドスピードも高くスピンをがかかりやすいため、グリーンで余計なランを出さずビシッとボールと止めることもできます。

つまり、飛距離が出るに越したことはない!
ということですね。

このページでは、数ある飛距離アップの中でも最重要ポイントの一つでもある「背筋を鍛えて飛距離アップする方法」をご紹介いたします。

飛距離アップには背筋が何故重要?

背筋は、ゴルフクラブだけでなく自分の腕も支える大きな筋肉です。
ゴルフスイングは円運動を行うことによって、遠心力が働きます。ゴルフクラブの重さは遠心力によって急激にパワーが増し、ボールに与える衝撃は1t以上になることもあるのです。

それだけのパワーを支えるにはやはり「筋力」が必要になってきます。どんなに腰の回転が早くてもクラブを支える筋力がなくては、クラブフェースをスクエアに保ったままインパクトすることはできず、飛距離だけでなく方向性も損なってしまいます。

また、手首や腕だけではそのパワーを支えきることはできませんので、背筋の大きな筋力が必要になってくるのです。

でも、ゴルフはパワーじゃないって言うよね?

たしかにゴルフはパワーだけではありませんし、むしろパワー以外の要素の方が重要なことは間違いありません。

では、分かりやすい例をご紹介します。
以下の2人を比較しましょう。

①美しいスイングの細身の女性ゴルファー。ヘッドスピードは30m/s。
②元プロ野球選手でホームラン王。ヘッドスピードは55m/s。ゴルフは初心者。

方向性は別として、どちらが飛ぶと思いますか?

間違いなく②の元プロ野球選手ですね。
やはり、スイングの美しさだけでは飛距離には限界があるということはご理解いただけましたでしょうか。

やはり、飛距離にはパワーが必要なのです。
そして、ゴルフスイングのパワーを司る筋肉「背筋」の鍛え方をご紹介していきます。

背筋を鍛える3つの方法

チンニング

背筋を鍛える方法1「チンニング」とは懸垂に似た背筋の鍛え方です。
懸垂とは違いは3つほどあります。1つ目は「鉄棒を順手でグリップ」します。2つ目は「腕の力ではなく肩甲骨」を意識します。3つ目はあごを引きます。

懸垂の場合は背筋も使われているのですが、どちかと言うと身体の前の筋肉を使うトレーニングです。胸の筋肉や腕の筋肉です。
一方、チンイングは背中の筋肉を集中的に鍛えるトレーニングになります。

スポンサードリンク

イラストのように順手で鉄棒を握り、肩甲骨を意識しカラダを持ち上げ、鉄棒の前に顔を出す形になりますのであごは引いた状態になります。
普通の懸垂のようにあごを鉄棒の上に乗せるような動きとは違ってきます。

トレーニング用具のない人は近くの公園などでやってみましょう。

デッドリフト

背筋鍛えるデッドリフト
デッドリフトは広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋、大臀筋、ハムストリングスなどが鍛えられるトレーニングです。
重いものを持ち上げる動作をするときに使う筋肉を鍛えます。前傾姿勢をしっかり固定しインパクトの衝撃にも強くなるトレーニングです。

イラストのように、肩幅より少し狭い両足幅で構え、腕と背筋を伸ばします。
構えた時は、肩甲骨を開いた状態にしておいて持ち上げると同時に肩甲骨を寄せていくようにすれと効果が高まります。

イラストではバーベルを仕様していますが、ご自宅になければ(ほとんどの人が持っていませんよね(^^;))古いアイアン3本くらいを縛り、両端に雑誌の束や灯油タンクに水を入れたものなどをぶら下げてもいいでしょう。

このトレーニングはゴルフスイングの動きにとても役立ちます。
背筋を伸ばし、ゴルフクラブを支える動きそのものです。アドレスの際に猫背になってしまう人は、このトレーニングで「背筋を延ばすコツ」が理解できるはずです。

トランクエクステンション

背筋鍛えるゴルフ飛距離
トランクエクテンションとはいわゆる「背筋」です。日本人なら体育の時間に何度もやっていると思います。

写真では、手を頭の上に添えていますがあごの下で手を組むことによって、肩甲骨が締まりますので効果が高くなります。また、バランスボールを使えば、足を支えてもらう必要がなくなりますので便利です。

道具を使わずにできるトレーニングなので、いつでもどこでもすぐにできます。(グリーン上では始めないでください^^)

「背筋を鍛える3つの方法」で飛距離アップまとめ

ゴルフで飛距離を伸ばすには、スイングの美しさだけでなく「筋力」も必要
飛距離アップには「背筋」の筋力アップが重要
背筋を鍛える主な方法は「チンニング」「デッドリフト」「トランクエクステンション」

トレーニングは毎日の積み重ねが大切です。3日坊主にならないコツは、「トイレに張り紙」です。(^^)
「チンニング」10回3セット「デッドリフト」20回2セット「トランクエクステンション」30回2セット。毎日やること!・・・
のような張り紙をしておくのはいかがですか?

もっと本格的にゴルフ専門トレーニングをしたい方はこちら

関連記事

ドライバーの打ち方その1

ドライバーの打ち方~グリップはすくうように握れ~

「曲がってばかりでドライバーショットが怖くて仕方ない。」 「飛距離が出ず、いつもライバルに負けてて

記事を読む

ゴルフ100切り

ゴルフ100切りを最速で実現する5つのレッスン

ゴルフで100が切れずにお悩みのあなたへ! 無駄なく最速で100を切れる方法をご紹介してしまいます

記事を読む

バンカー越えのアプローチ

バンカー越えアプローチ3つのポイント。ロブショットも分かる!

グリーンまであと少し。でも、目の前にはバンカーが! グリーンまでの距離があればバンカーは特に気

記事を読む

スライスの原因

スライスの原因はコレ!

スライスの原因は盛りだくさん! スライスを愛しく思うのだ。[/caption] スライスを

記事を読む

100切りの秘密

「100切り」ゴルフの秘密を知らないあなたへ

100切りが目標という未来のシングルプレーヤーへ ゴルフ初心者に大きく立ちふさがる「100の壁」。

記事を読む

アイアン打ち方

アイアンの打ち方|正しいアイアンショットを作る5つの手順

アイアンの正しい打ち方を習得できずにこんな症状が出ていませんか? ダフリやトップで飛距離がバ

記事を読む

ゴルフ80の壁

「80の壁」80台と70台のゴルフの違い 

この記事をご覧の方は、既に80台で回れる実力のある方。あるいはベストスコアが80台前半の方ではないで

記事を読む

プロアイアン飛距離

アイアンの飛距離「ヘッドスピード別」平均飛距離あのプロはどう?

タイガーウッズのような本能的なスイングを手に入れる方法 アイアンの飛距離は操れる! ヘッド

記事を読む

教え魔ゴルフ

嫌われないゴルフの教え方~「教え魔」と言われないために~

ゴルフ初心者や自分よりゴルフレベルの低い人を見ると、ついついスイングについて語りたくなりますよね。

記事を読む

ハンドファーストゴルフ

ハンドファーストの重要性を理解しよう

あなたのゴルフスイングは飛距離、方向性に問題はありませんか? もし、問題があるとしたら「ハンドファ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ザックリトップアプローチ
ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。 残り20ヤードをカップの1

アイアンスイング
アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

「アイアンのスイングがわからない。」 こんな悩みを持つ方は「ダフ

ヘッドスピードを上げる方法
ヘッドスピードを上げる方法「簡単!効果的!」

「ヘッドスピードの速いゴルファー、ヘッドスピードの遅いゴルファー。」

100を切れない理由
100を切れないゴルファーの理由が分かってしまった。

もし、あなたがゴルフで100を切れないのであれば、これからお話すること

シャフトの選び方ゴルフ
ドライバーシャフトの選び方7つのポイント

「ドライバーショットが曲がる。」「タイミングが取りずらい。」「飛距離が

→もっと見る

PAGE TOP ↑