ヘッドスピードごとにドライバーの重量を変えた方が良い本当の理由    

   

ドライバーの打ち方をレッスンする前に重要なチェックポイントがあります。

それは、「自分に合ったドライバーを使用しているか」ということです。

自分のスイングスピード(ヘッドスピード)に合ったクラブを使用していないと、正しいスイングを習得するのが難しくなります。

昔は、ゴルフクラブに選択肢があまりなかったためクラブに自分のスイングを合わせる打ち方が必要でした。

しかし、今はヘッドの「重量・形状・重心の位置・ロフト角」、さらにシャフトは「硬さ・トルク・重量・キックポイント」などの組み合わせをアマチュアでも自由にフィッティングできる時代になっています。

しかし、ゴルフ初心者がこれらのことを全て理解し、自分に合ったクラブを選ぶのはとても大変な作業です。このような「違い」が分かるようになるには経験が必要なのです。

ドライバーシャフトの選び方を詳しく知りたい方はこちら

また、「なぜヘッドスピードが高い人はシャフトは硬いほうがいいのか」や「なぜキャビティアイアンのほうが優しいのか」といった根本的な理由がわからずにクラブを選んでいる人も多いようです。

そこで、今回はドライバーを選ぶ基準の一つとしての「クラブの重量」に関してご紹介していきます。

ヘッドスピードが早い人は重いクラブを選んだほうが良い理由

この記事をご覧の方の中で、ヘッドスピードが50m/s近くまたはそれ以上の方もおられることでしょう。
そして、そういう方はきっと「重いクラブ」を使用しているのではないでしょうか。

もちろん、その選択は間違いではありません。

しかし残念ながら、「なぜヘッドスピードが早いと重たいドライバーを使用しなくてはいけないか」ということをちゃんと理解して使用している人は少ないのです。

「店員に勧められたから」「だってその方がいいんでしょ?」程度でそのドライバーを使っている方が多いのです。

「結果的に正しいクラブ選択をしているんだからそれでいいでしょ?」

そう思われるかもしれませんが、その理由を理解しているのとしていないのではスイングは全く別物になってしまいます。

では、なぜヘッドスピード早い人は重いクラブがいいのかを理解していきましょう。

紙でできたドライバーを振ってみたら・・・どうなる?

以下のことを頭でイメージしてみるか、実際に作って実験してみてください。

子供の頃にチャンバラごっこをしたときのようにチラシをクルクルっと丸め棒を作り、その先にダンボールでできたクラブヘッドを付けそれをフルスイング。

いかがでしょうか?

ほとんど重さを感じないので、インパクトのタイミングがつかみにくくないですか?
フィニッシュにかけて腕が体から離れてしまわないですか?

そして、ここで気づいて欲しい重要な部分があります。

「コックがインパクト前にリリースできない」

トップで作ったコックが自然にはほどけずリリースできないはずです。もしくはそれを無理やりほどこうとして手首を意識的に返す動きが必要なはずです。

これはクラブが軽いからそうなってしまうのです。

クラブの重さがコックをリリースさせる

クラブに重量があれば、無理に手首をリリースしようとしなくても重さと遠心力で勝手にリリースされます。

だから、ゴルフクラブには適度な重量が必要なのです。

正しいスイングができるようになると手首は勝手にリリースされ、意識的にするものではなくなります。体重が左足に移り、そのパワーを左足内側で受け止め、グリップが腰の高さに来た時、勝手にクラブの重さによって手首はリリースされヘッドが返るのです。

ではなぜ、ヘッドスピードが早いと重い方がいいのか・・・。

もう、感の良い方はお気づきだと思います。

「クラブが軽いとリリースが上手くできず、振り遅れてプッシュアウトやスライスになる。」

「コックしたままハンドファーストでボールをヒットさせようとするとフェースが開いたままの状態になります。」このままボールを捉えれば当然プッシュアウトやスライスです。

また、ヘッドスピードの早い人が軽いクラブにスイングを合わせようとすると、今度は手首を返す余計な動きを入れるようになります。そうなると今度はフックやいわゆるチーピンの原因になるのです。

ヘッドスピードごとにドライバーの重量を変えた方が良い理由:まとめ

ゴルフクラブはドライバーに限らず、自分が無理なく振れる程度の「重量」が必要です。そして、その重量の役目は「コックを自然にリリースさせヘッドをスクエアに戻すこと」ことです。

最後に参考までにヘッドスピード別に適したドライバー総重量を書いておきます。

  • 【ヘッドスピード38m/s】275g
  • 【ヘッドスピード40m/s】300g
  • 【ヘッドスピード44m/s】315g
  • 【ヘッドスピード48m/s】325g
  • 【ヘッドスピード50m/s】330g

自分にヘッドスピードに合ったドライバーを楽天でチェックしてみる(メンズ)

ヘッドスピードに合ったドライバーを楽天でチェックしてみる(レディース)

       

関連記事

テイクバック「正しいテイクバックを作る方法」/ドライバー打ち方

ドライバーの打ち方だけに限らず「ゴルフスイングはテークバックが大切だ。」 と、レッスン書などでよく

記事を読む

バンカー越えのアプローチ

バンカー越えアプローチ3つのポイント。ロブショットも分かる!

グリーンまであと少し。でも、目の前にはバンカーが! グリーンまでの距離があればバンカーは特に気

記事を読む

アイアンスイング

アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

「アイアンのスイングがわからない。」 こんな悩みを持つ方は「ダフる」「トップする」「シャンクす

記事を読む

ヘッドスピードを上げる方法

ヘッドスピードを上げる方法「簡単!効果的!」

「ヘッドスピードの速いゴルファー、ヘッドスピードの遅いゴルファー。」 あなたはどちらが有利だと思い

記事を読む

ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。 残り20ヤードをカップの1m以内に寄せればパーは確実だ。

記事を読む

ゴルフが上手くなるには

ゴルフが上手くなるには。

ゴルフは追求すれば追求するほど、ゴールが見えなくなるスポーツです。 上手くなればなるほど、さらに上

記事を読む

子供用ゴルフクラブ

子供用ゴルフクラブはほとんど無料で作れます

お子さんにゴルフを教えている方やこれから教えたいと考えている方は多いはず。 しかし、子供用のの

記事を読む

フットジョイゴルフシューズ特集

ゴルフシューズの王様「フットジョイ大特集」全製品一覧

「ゴルフシューズはスコアに影響ありますか?」 なんて質問をたまに受けますが、答えは「大あり」です。

記事を読む

プロアイアン飛距離

アイアンの飛距離「ヘッドスピード別」平均飛距離あのプロはどう?

タイガーウッズのような本能的なスイングを手に入れる方法 アイアンの飛距離は操れる! ヘッド

記事を読む

山田パター

山田パター特集

安倍総理がオバマ大統領に贈った山田パター。 山田パターをお探しの方はこちらへ。 ゴルファ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アイアンダウンブローは間違い
アイアンをダウンブローに打とうとするからシャンクする!ダフる!OBする!

もはや、ゴルファーの合言葉「アイアンはダウンブローに打て!」ですが、そ

ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。 残り20ヤードをカップの1

アイアンスイング
アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

「アイアンのスイングがわからない。」 こんな悩みを持つ方は「ダフ

ヘッドスピードを上げる方法
ヘッドスピードを上げる方法「簡単!効果的!」

「ヘッドスピードの速いゴルファー、ヘッドスピードの遅いゴルファー。」

100を切れない理由
100を切れないゴルファーの理由が分かってしまった。

もし、あなたがゴルフで100を切れないのであれば、これからお話すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑