ゴルフボールおすすめはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ゴルフボールおすすめ

「まだまだ初心者だから、ゴルフボールの違いなんてわからないよ!」

いいえ!実はそんなことはないのです。

ゴルフボールの違いは、上級者にしか分からないものだと思っている人が多いのですが、初心者の方でも打ち比べればその打感や硬さの違いは明らかにわかるのです。

「初心者だからどのボールでも一緒!」と、安易な考えでボールを選んでいるのならそれはとてももったいないことです。

このページでは、本当におすすめのゴルフボールをご紹介いたします。
もし、今まで価格だけでボールを選んでいた人はロストボールでもいいのでそのボールを使って見てください。
必ず、違いがわかります。

ズバり!おすすめボールはこれだ!!!

結論から申します。当サイト一番のおすすめボールはタイトリストの「PRO V1」と「PRO V1X」というゴルフボールです。上級者の方から「やっぱりかぁ。」と声が聞こえて来そうですが、それほど信頼のおけるゴルフボールです。写真↓

おすすめゴルフボールprov1

ソフトな打感がたまらない。タイトリストpro v1


ゴルフボールおすすめprov1x

ソフトな打感を残しつつ、飛距離も稼げる。タイトリストPro V1x


まず、「Pro V1」と「Pro v1x」の見分け方はナンバーが黒いのが「Pro V1」、赤いのが「Pro v1x」です。どちらもタイトリストらしいシンプルなデザインですね。

以下はタイトリスト公式PVです。まずはこちらをご覧ください。

Pro V1を楽天でチェックする
Pro V1xを楽天でチェックする

pro v1/Pro v1xがおすすめな理由

では、なぜこのPro v1シリーズがおすすめなのか・・・。

日本のゴルフ用具のテレビCMと言えば「過去最高の飛び!」だとか「もっと遠くへ!」など飛距離アップばかりが目立ちますね。まるで、「飛距離が出ないことは罪だ」とゴルフ初心者をマインドコントロールしているかのようにも思えます(^^)

もちろん、ゴルフのスコアを伸ばすには飛距離アップも一つの武器になるのは間違いありません。よりグリーンに近づけたほうがパーオン率は上がります。飛ぶボールはその分有利です。

しかし忘れてはいけないのがアイアンショットやアプローチです。スコアメイクには正確なアイアンショットやアプローチショットが不可欠になってきます。「方向性や距離感」が重要になってきます。ボールはよりコントロールしやすいものが有利です。

つまり、「飛距離」「方向性や距離感」どちらも捨てがたい要素なのです。

しかし、そんな都合のいいゴルフボールがあるのでしょうか?

実は、その都合のいいボールが先にご紹介した「Pro v1」と「Pro v1x」なのです。

ディンプルの構造がどうだとか、コアの素材に何を使用しているなんてことはパッケージに書いてありますのでここではわざわざ書きませんし、知ったところでスコアには影響しません。

とにかく、ドライバーや3wで打った時の「適度なツブレ感」と「反発感」と「音」が素晴らしい。

そして、アイアンショットではヘッドにへばりついてくるようなソフト感と、ダウンブローのイメージがわきやすいツブレ具合がたまりません。

アプローチショットでは、特に「Pro v1」の打感の柔らかさが繊細なタッチを求められる状況を助けてくれます。

スピンコントロールなんて聞くとプロ専門のテクニックだと思う人もいるかも知れませんが、ゴルフ初心者の方でもその意味が分かるようになります。

「Pro v1」「Pro v1x」がツアープロ使用率NO1のゴルフボールである理由は使ってみれば「誰でも」分かります。ぜひ一度使ってみてください。ゴルフがもっと気持ちよくなります。

Pro V1を楽天でチェックする
Pro V1xを楽天でチェックする

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*