グリップの選び方「そのミスショット、グリップが悪いかも!?」    

   

公開日: 最終更新日:2016/08/04        ゴルフレッスン, ゴルフ用品

ゴルフグリップ。
適当に選んでいませんか?

ドライバーは真剣に選ぶのに、グリップは「まあ。これでいいかな?」なんて選び方あなたはしていませんか?

ゴルフクラブと自分の体との唯一の接点が「グリップ」です。
クラブやボールをコントロールするためにはとても重要な部分なのです。

それなのに・・・・

「ドライバーはあのプロが使っているあのクラブがいい・・・」
「シャフトはあそこのメーカーがいい」

とか、
「頭を残して、インパクト!」
「インサイドインのスイングができない!」

などと、他のことで頭が一杯でグリップのこと忘れていませんか?

このページでは、正しいグリップの選び方とその原理などを解説していきます。

きっとあなたにぴったりのグリップがみつかるはずです。

※グリップは大丈夫!スイングをマスターしたいという方はこちらのページへどうぞ。基礎からしっかり学べます。

グリップの選び方必須5項目

口径を選ぶ!

ゴルフグリップ選び方-口径

M60やM62というのは、グリップの内径のことです。M56はジュニアやレディース用とお考えください。M60の方がM62より仕上がりは太くなりますので、球がつかまりすぎてフックしてしまう方はM60の方が適していると言えます。反対にスライスが多い方は細いグリップにすることで手首の返りが良くなりますので、球がつかまりやすくなるでしょう。

バックライン有り無しの判断は?

バックライン有り無し
ゴルフクラブのグリップを選ぶ際に、「バックラインの有りか無し」かに悩んだことありませんか?まず、バックラインの役目について解説します。
グリップのバックラインの役目は2つ。
①いつも同じ形のグリップができる。
②インパクトやダウンスイングなどの時、グリップが回転してしまうのを防ぐ。

①は握れば自然と指の第2関節の部分にバックラインの部分がくるので、目を閉じていてもフェースがスクエアな状態でグリップできるからです。
②はバックラインが手のひらに引っかかっているのでズレにくいからです。

これが、バックラインの役目でありメリットです。
一方、「バックライン無し」はフェースのコントロールをしやすいグリップと言えます。
「スライス」や「フック」を意図的にコントローツしたい時はバックライン無しの方が違和感なく握れます。
よく言われていることは、バックライン有りを好む人も「ウェッジだけはバックライン無し」
これは、バンカーやグリーン周りで様々なショットを要求されるからです。ドライバーから5Iまではバックライン有りという人もいます。

グリップの重さ

ゴルフ グリップ重量
実はグリップの重量は選ぶ際にとても重要になってくることがあります。
ゴルフクラブには「バランス」というものがあります。「D1・D2・D3」みたいな表示をみたことはありませんか?
これがクラブのバランスを数値化したものです。バランスの詳細についてはまたの機会で説明すると思いますが、簡単に言うとクラブヘッドが「重く感じる」か「軽く感じる」かの違いです。

ゆったりとしたテンポでスイングすタイプの人は「重く感じる」バランスがよくて、早いテンポでスイングする人は「軽く感じる」バランスがよいとされています。
結論から申しますと・・・
「グリップが軽いと」⇒「クラブヘッドは重く感じます」
「グリップが重いと」⇒「クラブヘッドは軽く感じます」

これをしっかり覚えておいてください。全クラブ新しいグリップに交換して「何か変?」ではお金の無駄遣いになってしまいます。
重量などがわからない人はゴルフショップの店員さんに「今のグリップと同じ重量のものにしてください」などどお願いしましょう。

グリップのトルクによるミスショットはあなどれない!!

グリップ トルク
図を見てもらえれば意味はすぐに分かっていただけると思いますが、グリップに負荷がかかるとグニュッてよじれます。
「ねじれる」って言った方がわかりやすいでしょうか。このねじれによって、フェースが開いてスライスしたりプッシュアウトすることがあります。
特にヘッドスピードの早い人はそうなり易いと言えます。
かと言って、このねじれが全くないガチガチの硬いものだとフィット感が損なわれるので滑りやすくなってしまったりフィーリングが出せなくなってしまいます。

最近では、グリップのトルクを抑制しつつフィット感を損なわない素材を使用した製品なども販売されていますのでお近くのゴルフショップで聞いてみてはいかがでしょうか。
トルクを抑えたもので、あなたのショットのバラつきが解消されるかもしれませんよ!

おすすめグリップ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

イオミックスティッキーエボルーション2.3かなりおすすめです。

しっとりとしたグリップ感は最高です。グリップはできる限り強く握らないことがヘッドの走りにつながりヘッドスピードアップとミート率の向上につながるのですが、このイオミックのスティッキーエボルーション2.3は優しくグリップしてもしっかり手のひらに吸い付いてきます。

しかも安いですねぇこちらのショップさん。私は近くの店で2倍近くで買ってしまいましたよ・・。

注意!!基本を学ぶことを後回しにしている方がほとんどです。

※ゴルフは道具を替えるだけで上達するものではありません。しっかりと基本をマスターすることで道具の違いを理解できるようになります。

       

関連記事

アイアンダウンブローは間違い

アイアンをダウンブローに打とうとするからシャンクする!ダフる!OBする!

もはや、ゴルファーの合言葉「アイアンはダウンブローに打て!」ですが、その言葉を鵜呑みにしてはちゃめち

記事を読む

防寒着・防寒グッズ2014「ゴルフ・釣りに最適なのはこれ」

冬のスポーツやアウトドアは寒さ対策にかかっていますよね! 風を惹かないようにしっかり寒さ対策を

記事を読む

アイアン打ち方

アイアンの打ち方|正しいアイアンショットを作る5つの手順

アイアンの正しい打ち方を習得できずにこんな症状が出ていませんか? ダフリやトップで飛距離がバ

記事を読む

アイアン正しい打ち方

これってアイアンの正しい打ち方!?ゴルフスイングの間違え探し

アイアンの打ち方はどれが正しいの? ゴルファーはとても勉強熱心なものです。 しかし、勉強

記事を読む

ゴルフ80の壁

「80の壁」80台と70台のゴルフの違い 

この記事をご覧の方は、既に80台で回れる実力のある方。あるいはベストスコアが80台前半の方ではないで

記事を読む

ゴルフイライラ

ゴルフでミスショットをした時に立ち直るための一言

ゴルフはミスがつきものです。 ・・・と頭では理解していても実際にミスショットをしてしまうと腹が

記事を読む

ダウンブロー打ち方

ダウンブローがアイアンの正しい打ち方「それって本当?」

「アイアンはダウンブローに打て!」 ゴルフ経験者ならほとんどの人がこのレッスンやアドバイス聞い

記事を読む

ゴルフ寒さ対策服装冬

冬のゴルフはこの服装と防寒グッズがおすすめ!

冬本番ですね。 ゴルフスイングに寒さは大敵! おすすめの冬用ゴルフウェアや防寒グッズをご紹介しま

記事を読む

100を切れない理由

100を切れないゴルファーの理由が分かってしまった。

もし、あなたがゴルフで100を切れないのであれば、これからお話することが当てはまってしまうかも知れま

記事を読む

レディースゴルフウェア冬「男が選ぶ厳選13アイテム」婚活にも!?

ゴルフを愛する女性の皆様へ。 このページでは今年の冬おすすめのレディースゴルフウェアをご紹介してい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アイアンダウンブローは間違い
アイアンをダウンブローに打とうとするからシャンクする!ダフる!OBする!

もはや、ゴルファーの合言葉「アイアンはダウンブローに打て!」ですが、そ

ザックリ・トップを無くす超簡単なアプローチの方法がコレだ!

グリーンのすぐ手前まで運んできたボール。 残り20ヤードをカップの1

アイアンスイング
アイアンのスイングはこの3つのお約束を覚える。

「アイアンのスイングがわからない。」 こんな悩みを持つ方は「ダフ

ヘッドスピードを上げる方法
ヘッドスピードを上げる方法「簡単!効果的!」

「ヘッドスピードの速いゴルファー、ヘッドスピードの遅いゴルファー。」

100を切れない理由
100を切れないゴルファーの理由が分かってしまった。

もし、あなたがゴルフで100を切れないのであれば、これからお話すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑